神経を抜く虫歯治療

虫歯治療は早ければ早いほど簡単な治療・最小限の治療で済むことがほとんどです。
しかし、虫歯をそのままに放置しておくと虫歯菌がどんどん増殖して症状もどんどん悪化していきます。
ひどくなった虫歯治療は「神経を抜く」という治療法が一般的だと思います。
虫歯治療で神経を抜くのはどんな場合かというと、虫歯の菌が神経に達していたり、虫歯の穴が神経に達していれば神経を抜く治療になるそうです。
神経が虫歯菌で死んでしまった場合はその死んだ神経を取り除いて穴を洗浄して薬を詰める治療をすることになります。
ただ、神経を抜く虫歯治療は痛い場合がほとんどなのでできれば初期の虫歯のうちに治しておきたいものです。
最近は虫歯治療も無痛治療など痛みの少ない治療を行う歯医者も増えていますし、麻酔自体も痛くない、できるだけ歯を削らない治療も増えています。
歯医者はどうしても痛くて嫌なものだと思っている人は多いと思います。
もし虫歯になってしまったらなるべく早めの治療はもちろんですが、無痛治療や削らない治療を上手な歯医者で治療を受けられると安心ですね。