法律関係の資格試験

法律関係の資格と聞くと、それだけでちょっと後ずさりしてしまう方もいるかもしれません。
確かに法律関係の仕事は非常に重要であるため、そう簡単に取得できるような資格は存在していません。
だからこそ、法律関係の資格を取得しておくなら、自分にとって大いにプラスになるというわけです。

まず最初にご紹介する資格は、司法試験です。
この資格を知らない方は、ほとんどいないほど司法試験は有名な資格試験です。
この試験に合格できたなら、法律関係の専門家としての道が開けてきます。
司法試験に合格すると、弁護士、検事、検察官といった職業につくことが可能になりますので、明るい未来が待っていると言えるでしょう。
もちろん誰でも司法試験を受けられるわけではなく、法科大学院の課程を修了した方と、司法試験予備試験に合格した方が受験できます。

ですから司法試験を受験するために、予備試験を受けることもできるでしょう。
この予備試験に合格できれば、法科大学院に行っていなくても、司法試験の受験資格を取得することができます。
この予備試験のための学習時間は1~2年とされていますので、予備試験でもかなりハードルが高いと言えるでしょう。