DVD制作の流れ

DVD制作の目的は、学校で使う教材用、書籍の付録用、企業の製品案内用、企業PR用など様々な目的があります。
このような目的でDVD制作する場合にはほとんどの場合、映像のプロの依頼することになりますが、近年ではDVD制作会社も増えていますよね。
だからどこの会社に依頼したらいいのか迷ってしまいますが、サンプル動画を見たり、動画のイメージがある場合にはそのイメージに近いDVD制作を多く行っている会社を選ぶといいですよ。
またその際には1社だけではなく複数の会社から見積もりと取るといいでしょう。
DVD制作の流れは会社によって多少の違いがありますが、企画作成のためのヒアリング→企画の作成→制作前のヒアリング→撮影準備→デザイン作成→撮影→映像編集→完成となります。
特に編集作業は映像のクオリティーを大きく左右するため、最も重要な作業になっています。
映像のクオリティーによって広告効果やPR効果も異なり、自社でDVD制作をすればコストを抑えることができますが、人を動かす映像を作りたいのであれば、プロに任せた方が手間もかからずクオリティーの高いDVD制作ができますよ。