歯科によっては治療で激しい痛みを伴う場合があります

歯の治療をする時は歯科に行きます。
内科で歯の治療をする事はありません。
耳鼻科や眼科でも歯の治療はできません。

歯の治療をする時に考えるのが痛みです。
痛みの有無は考えるべき事です。
虫歯になると歯は痛いです。
虫歯に歯が蝕まれているのに歯が痛くないという事はあり得ません。
歯が痛くなるから歯科に行きます。
歯が痛くなくても歯科に行く場合はありますけどね。
最近は予防が流行っていますからね。
どんな事でも予防をしておけば未然に防ぐ事ができます。
未然に防ぐ事ができないとしても深刻な状態になる事を阻止する事はできます。
深刻な状態にはなりたくありません。

虫歯になった歯は痛いです。
歯を治療する時も痛みを伴う場合があります。
治療で痛みがあっても悪い歯は治した方が良いです。
虫歯を放っておくのは危険です。
いつまでも自分の歯でいたいのなら悪い歯を早く治すのは大切な事です。
痛い治療は嫌だから歯科に行きたくないというのはダメです。
我慢できないぐらい痛い治療だったら問題ですが、少しぐらい痛いだけの治療なら迷わず歯科に行くべきです。
歯の治療は痛みを伴う場合がありますからできるだけ痛みが少ない歯科を選んでいくのが大切です。